自然観察週報

 2016年4月10日から4月16日


〇気象のようす

 

満開の桜はあっという間に散ってしまいました。
暖かな日の合間に肌寒い日がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
4月12日
火曜日 
 
長田谷津
 
オオミズアオ
 
園路沿いの斜面林で羽化していました。こんなに早かったのは、あまり記憶がありません。よく似たオナガミズアオかもしれませんが、野外での羽化個体の目視なので確認していません。
  
 
金子
 
4月12日
火曜日 
 
長田谷津
 
オオタカ
 
やや小型の個体と、大きなおなかの白い個体が続けて斜面林上空を飛びました。繁殖期なので、近くに巣があるのかもしれませんんね。
  
 
金子
 
4月13日
水曜日 
 
国府台
 
ヒメウズ
 
ヒメウズはキンポウゲ科の小さな野草です。里見公園の一角で群れて咲いていました。
  
 
金子
 
4月15日
金曜日 
 
八幡
 
アズマヒキガエル
 
小学校の池にヒキガエルのおたまじゃくしがたくさんいました。植木鉢の陰では親のカエルがじっとしていました。
  
 
金子
 
4月15日
金曜日  
 
八幡
 
ソメイヨシノ
 
すっかり花が散ってしまったソメイヨシノには、濃い紅色の「がく」がたくさんついていました。やがて「がく」もすっかり落ちてしまいます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る