自然観察週報

 2016年5月15日から5月21日


〇気象のようす

 

5月は不安定な天候のことが多いですが、今年は比較的安定しています。
雹が降るような日は、これまでありませんでした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
5月15日
日曜日 
 
長田谷津
 
クロスジギンヤンマ
 
観賞植物園前の人工池で、産卵していました。楕円形のジュンサイの葉に止まり、腹端を水中に入れていました。
  
 
金子
 
5月15日
日曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
今年生まれのおたまじゃくしが上陸をはじめました。尾がなくなった小さなカエルが見つかりました。
  
 
金子
 
5月21日
土曜日 
 
大町
 
コクサグモ
 
民家のイチイの垣根に棚状のクモの巣がいくつもあり、びっしりといった感じでした。ひとつひとつの網をのぞくと、クモがあわててトンネル状になった部分に隠れます。コクサグモのようでした。
  
 
金子
 
5月21日
土曜日 
 
大町
 
コチドリ
 
強く草刈りされた場所にコチドリが来ていました。ずいぶん前に営巣したこともありましたが、現在は人の出入りもあるので、営巣はむずかしそうです。
  
 
金子
 
5月21日
土曜日 
 
大野町4丁目
 
ホオジロ
 
親子ふれあい農園を歩いていると、近くからホオジロのさえずりが聞こえました。営巣するといいのですが。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る