自然観察週報

 2016年7月3日から7月9日


〇気象のようす

 

35度を超える猛暑日がありました。
次の日は一転して涼しくなり、体調管理が難しい週でした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月5日
火曜日 
 
中山
 
アオギリ
 
大きなアオギリがあって、ちょうど花が咲いていました。遠くから眺めただけですが、緑の葉とクリーム色の花の対比がきれいでした。
  
 
金子
 
7月5日
火曜日 
 
中山
 
タマムシ
 
エノキの葉っぱに立派なタマムシがとまっていました。住宅地でも木が多いところでは見つかるもんですね。
  
 
金子
 
7月6日
水曜日 
 
長田谷津
 
ネムノキ
 
一度きれいに咲いた後、中休みして、また満開になりました。蒸し暑い日にはさわやかなピンク色がほっとします。
  
 
金子
 
7月7日
木曜日 
 
長田谷津
 
オオシオカラトンボ
 
広い水辺に連結した雌雄が飛来しました。数日前には産卵も見られました。
  
 
金子
 
7月9日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヒグラシ
 
地面を歩いていたセミの幼虫が、踏まれたら可哀そうと博物館に届きました。事務所の布クロスの壁に止まらせたら、夕方のうちに羽化しました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る