自然観察週報

 2016年7月10日から7月16日


〇気象のようす

 

真夏のような日があっても、翌日には雨が降りました。
梅雨明けはまだのようです。湿度が高く体にこたえる日がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月10日
日曜日 
 
長田谷津
 
タヌキ
 
湿地の草刈りをして休憩していたら、子ダヌキがひょっこりと現われました。草むらから園路の下に入り、姿を消しました。
  
 
金子
 
7月13日
水曜日 
 
長田谷津
 
コオイムシ
 
子どもたちが体験学習で使う通称エコアップ池を整備していたら、白い卵をいくつも背負ったコオイムシが見つかりました。
  
 
金子
 
7月14日
木曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
梅雨の合間の晴れて蒸し暑い日。谷津の空を何匹ものオニヤンマがゆっくりと行きかっていました。
  
 
金子
 
7月14日
木曜日 
 
長田谷津
 
シャチホコガ
 
園路の擬木杭にシャチホコガの幼虫が止まっていました。一見しただけでは落ち葉と見分けがつきませんでした。
  
 
金子
 
7月14日
木曜日 
 
長田谷津
 
タマムシ
 
上空を飛び交うオニヤンマを見ていたら、キラリとタマムシが向かいの林の中に飛んでゆきました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る