自然観察週報

 2016年7月31日から8月6日


〇気象のようす

 

夏らしく、激しい雷雨に見舞われた日がありました。
暑い日が続きました。

 

   
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月2日
火曜日 
 
長田谷津
 
ミズタマソウ
 
草が生い茂った湿地でミズタマソウが咲いていました。白い小さな花はよく見ると、2本のおしべが突き出していました。
  
 
金子
 
8月2日
火曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
上空を行きかうオニヤンマは減り、湧き水の水路を飛ぶオニヤンマが多くなりました。いまはオスが目立ちますが、そろそろメスも降りてきて産卵シーンにも出会えそうです。
  
 
金子
 
8月2日
火曜日 
 
長田谷津
 
コブシ
 
温室前にあるコブシには立派な実がいくつもついていました。クサギカメムシが汁を吸っていました。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
アキノタムラソウ
 
明るい草原のような場所では秋の野草が咲き始めていました。アキノタムラソウ、アキカラマツ、ヒヨドリバナ、キツネノマゴが目立ち、ノハラアザミもつぼみがついていました。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
ガガイモ
 
ガガイモが花を咲かせていました。一般には濃いえんじ色の花色ですが、長田谷津では白っぽい花が多く見られます。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
カラスウリ
 
カラスウリがよく茂る垣根には、白い花殻がいくつもついていました。つぼみがたくさんある場所もありました。
  
 
金子
 
8月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
キツネノカミソリ
 
盛りはやや過ぎていましたが、オレンジ色の花に出会うことができました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る