自然観察週報

 2016年10月30日から11月5日


〇気象のようす

 

朝晩を中心に冷え込みが強くなりました。
うっかり上着を忘れて震え上がった日がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月30日
日曜日 
 
長田谷津
 
アオジ
 
冬を思わせる冷え込みがあり、ヨシ原はアオジのキンキンした声がにぎやかでした。野鳥観察が楽しい季節になりました。
  
 
金子
 
11月1日
火曜日 
 
長田谷津
 
ツタ
 
ツタの葉がきれいに色づきました。うつくしい赤ですが、ほかの葉があって目立ちません。気づく人も少ないようです。
  
 
金子
 
11月5日
土曜日 
 
長田谷津
 
カントウヨメナ
 
6月に草を刈った園路ぞいではヨメナが例年になく花を咲かせました。人が歩いたことで土壌が撹乱されたことが要因と思われます。
  
 
金子
 
11月5日
土曜日 
 
長田谷津
 
シジュウカラ
 
斜面林やハンノキ林、背の高いアシ原など、あちこちでシジュウカラが目立つようになりました。双眼鏡なしで見られるのでありがたいです。
  
 
金子
 
11月5日
土曜日 
 
長田谷津
 
ウラギンシジミ
 
シラカシの葉に越冬態勢のウラギンシジミが2頭とまっていました。翌日は暖かくなり、見てみるともういませんでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る