自然観察週報

 2016年12月4日から12月10日


〇気象のようす

 

陽射しのある、おだやかな日が多くありました。
秋からの積算温度が高いのか。ロウバイの葉がついたままです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月6日
火曜日 
 
長田谷津
 
イヌシデ
 
風で、落ち葉が斜面林の上のほうから、つぎつぎ落ちてきました。 葉っぱに混じって、イヌシデの実も、くるくる回りながら落ちてきました。
  
 
金子
 
12月7日
水曜日 
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
湿地の草を刈っていたら、大きなニホンアカガエルが出てきました。毎年のことですが、12月には産卵場所に戻ってきて、待機しています。
  
 
金子
 
12月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウグイス
 
湿地の草を刈って見通しをよくしたら、居心地が悪くなったウグイスが、残っている草むらのなかに移動して、チャチャっと大きな声で鳴いていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る