自然観察週報

 2016年12月18日から12月24日


〇気象のようす

 

22日朝、糸魚川市で大規模な火災が発生して大きな被害を出しました。
関東では22日夜から23日明け方まで強い南風が吹いて生暖かくなりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月18日
日曜日 
 
平田緑地
 
ドバト
 
平田緑地は静かで、地面ではドバトの群れが餌をついばんでいました。駅や建物から追い出されて、最近はドバトの群れを目にすることも、以前より減りました。
  
 
金子
 
12月21日
水曜日 
 
長田谷津
 
湧き立つ湯気
 
霜柱が立つ冷え込んだ朝、自然観察園の水路からは真っ白い湯気が立ちあがって、あたりが真っ白になりました。陽が射して空気が温められると、湯気は消えていきました。規模は小さいけど川霧です。正確には蒸気霧と呼ぶそうです。
  
 
金子
 
12月21日
水曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキツバメ
 
暖かい日、斜面林のすそを忙しく飛ぶチョウがいました。体は茶色で、ムラサキツバメのようでした。止まったところを確認できなかったので、ムラサキシジミかもしれません。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る