自然観察週報

 2017年1月1日から1月7日


〇気象のようす

 

穏やかな年始は、その後ぐっと冷え込みました。
北風が吹いた日は寒さが身にしみました。

 

      
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月6日
金曜日 
 
長田谷津
 
カケス
 
青空が透けて見えるようになった木々の梢から、力強いカケスの声が聞こえてきました。シジュウカラやメジロの声もよく聞こえました。
  
 
金子
 
1月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
サギのなかま
 
この日は、アオサギ、ダイサギ、コサギの3種類が見られました。バラ園下の池では2回目撃して、アオサギとコサギ、アオサギとダイサギの組み合わせでした。
  
 
金子
 
1月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
シロハラ
 
モミジがきれいだった斜面で、落ち葉の中の餌を探っていました。かなり近づいても逃げなかったので、肉眼でもよく見ることができました。
  
 
金子
 
1月7日
土曜日 
 
長田谷津
 
シジュウカラ
 
昨年から今年にかけて、湿地の広い範囲で草を刈りました。そのせいでシジュウカラやアオジは、刈っていない茂みに集中していました。狭い範囲にたくさんいるので観察はしやすい状態でした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る