自然観察週報

 2017年1月22日から1月28日


〇気象のようす

 

雨が降らない1週間でした。地面も乾燥してきました。
冬でも雨が必要な生き物もいるので、そろそろほしいところです。

 

              
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月26日
木曜日 
 
江戸川
 
ジョウビタキ
 
京成線の鉄橋の少し上流の河川敷で、2羽のジョウビタキを見ました。両方オスで、争っているのか遊んでいるのか、いつまでも絡まり合うようにしていました。
  
 
金子
 
1月26日
木曜日 
 
江戸川
 
カンムリカイツブリ
 
江戸川の水面ではオオバンが多く見られました。川の真ん中付近で1羽だけぽつんと浮かんでいたのはカンムリカイツブリでした。双眼鏡で見ると、頭のカンムリが立派に見えました。
  
 
金子
 
1月26日
木曜日 
 
江戸川
 
オカヨシガモ
 
京成線鉄橋の上流には、カモの姿はあまり多くありませんでした。コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロとともにオカヨシガモの姿もありました。
  
 
金子
 
1月26日
木曜日 
 
江戸川
 
ヤブツバキ
 
真間山から里見公園に至る斜面林は市川市を代表する景観のひとつです。大きな常緑樹が多いことが特徴で、ヤブツバキがちょうど花時できれいでした。
  
 
金子
 
1月26日
木曜日 
 
江戸川
 
エナガ
 
大きなムクノキの上から鳥の声が聞こえてきました。よく聞こえたのはシメでしたが、姿を追うとエナガが目立ちました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る