自然観察週報

 2017年 1月29日から 2月 4日


〇気象のようす

 

3月を思わせる陽気の日の翌日は、北風が吹く冷たい1日でした。
雨は、また降りませんでした。

 

              
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月30日
月曜日 
 
長田谷津
 
ナナホシテントウ
 
3月を思わせる暖かな日、湿地のノイバラを片づけていたら根元からナナホシテントウが出てきて飛んでいきました。今日は暖かいけどまだ1月なのに・・・と思っていたら翌日は冷え込みました。
  
 
金子
 
1月31日
火曜日 
 
東国分
 
タシギ
 
草刈りのされた調節池の地面を歩いていました。かなり離れていると思いましたが、ぱっと飛び立って、距離を取りました。枯草の色にそっくりなので、水際に居ないと見失ってしまいます。
  
 
宮橋
 
1月31日
火曜日 
 
東国分
 
ヨモギ
 
多目的広場の枯れた芝の斜面に、緑や赤っぽい色のいろいろなロゼットが、ぽつぽつありました。ヨモギの新芽の白っぽい緑もありました。香りはまだあまりしませんでした。
  
 
宮橋
 
2月1日
水曜日 
 
長田谷津
 
ノウサギ
 
湿地の調査と整備のためにハンノキ林に入りました。歩いていくと足元で突然大きな物音がして、なにかが走っていきました。目に映ったのはノウサギのお尻です。ノウサギは斜面林を駆け上がって、途中で休息し、そのまま台地上へ走り去っていきました。
  
 
金子
 
2月1日
水曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキシジミ
 
暖かい日、忙しそうに飛ぶ茶色いチョウがいました。枯れ葉に止まって翅を広げると、きれいな光沢の青色をしていました。成虫越冬しているムラサキシジミでした。
  
 
金子
 
2月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハンノキ
 
長く伸びた雄花の房は1月から目立っていました。この日は、黄色く染まっていました。開花したので花粉の黄色が表面に見えるようになっていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る