自然観察週報

 2017年 3月 5日から 3月11日


〇気象のようす

 

春らしい変わりやすい天候でした。冷え込んで霜が降りた朝もありました。
今年は木々の芽吹きが早いようです。

 

       
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月 5日
日曜日 
 
長田谷津
 
ルリタテハ
 
春めいた暖かな日、土手のオオイヌノフグリを見ていたら、ルリタテハが飛んできてそばに止まりました。
  
 
金子
 
3月 5日
日曜日 
 
長田谷津
 
ウグイス
 
斜面林の奥でウグイスがさえずりました。上手にホーホケキョと聞こえた時もありました。
  
 
金子
 
3月 8日
木曜日 
 
長田谷津
 
エナガ
 
野鳥の餌が少ない時期です。シジュウカラやアオジは地面に降りてスズメのように餌を探しています。エナガは、相変わらず枝づたいに移動していました。
  
 
金子
 
3月10日
金曜日 
 
長田谷津
 
トラツグミ
 
高校生を案内していたら、写真を撮っている人にトラツグミがいると教えてもらいました。急斜面を移動していきました。
  
 
金子
 
3月11日
土曜日 
 
長田谷津
 
サワガニ
 
業者の人に大きな木を切ってもらって枝の始末もしてもらいました。景観的にもう少し片付けたかったので作業をしていたら、積み重ねた枝の下にサワガニがいました。作業で人が歩いたときに、冬眠していた土の中から出てしまったのかもしれません。暖かい日だったので、元気に動いていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る