自然観察週報

 2017年 5月 7日から 5月13日


〇気象のようす

 

夏を思わせる日が多くあり、冷房が活躍しました。
肌寒い日もあり、5月らしく気温も天気も変動しました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
5月 7日
日曜日 
 
長田谷津
 
ハナイカダ
 
満開になりました。以前は雄株と雌株が近くに両方あって比較して見られましたが、雄株はなくなってしまいました。でも雌株に実ができるので、どこか近くに雄株もあるのでしょう。
  
 
金子
 
5月 7日
日曜日 
 
長田谷津
 
ギンラン
 
やぶの中にいっぱい咲いていました。キンランも含め、最近は掘られなくなりました。そういう習慣はすたれてきたようです。
  
 
金子
 
5月 7日
日曜日 
 
長田谷津
 
ナナフシ
 
こどものナナフシが姿を現しました。コナラの若葉をていねいに探して見つけました。
  
 
金子
 
5月 7日
日曜日 
 
長田谷津
 
タヌキ
 
観察園の園路から2メートルほどの所にいました。浅い水辺の草むらの中でごそごそさぐっていて、バリッと音がしました。その後は顔をあげてゆっくり4,5歩歩き、急に素早く人のいる園路の下をくぐって斜面林まで移動しました。斜面裾からはまたゆっくりと移動してゆきました。
  
 
宮橋
 
5月11日
木曜日 
 
少年自然の家
 
トチノキ
 
少年自然の家の広場にトチノキが植えられています。ちょうど花時で、ブラシのような花序が何本も上向きに立っていました。
  
 
金子
 
5月13日
土曜日 
 
江戸川
 
マムシ
 
江戸川の近くでマムシが捕まりました。秋の増水時に上流から流れてきたものと思われます。流れてきたことはこれまでもありましたが、越冬して春に見つかったのは初めてのことです。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る