自然観察週報

 2017年 6月18日から 6月24日


〇気象のようす

 

まとまった雨が降った日がありました。
前後には夏を思わせる日差しの日がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月18日
日曜日 
 
長田谷津
 
タヌキ
 
去年生まれと思われる小柄な若タヌキが人目もはばからずに日中から出没しています。この日は湿地の泥に顔をつっこんで、ザリガニを捕まえているようでした。捕まえてはあぜに上がり、ぽりぽり食べていました。
  
 
金子
 
6月20日
火曜日 
 
長田谷津
 
アカメガシワ
 
アカメガシワの花が満開で、特に雄株は花が豪華できれいでした。スジグロシロチョウがたくさん集まっていました。
  
 
金子
 
6月22日
木曜日 
 
長田谷津
 
チョウトンボ
 
上から黒い落ち葉がひらひら落ちてきたのかと思ったら、チョウトンボでした。いっしょにいた小学生ははじめて見たそうで、びっくりしていました。
  
 
金子
 
6月22日
木曜日 
 
長田谷津
 
ハグロトンボ
 
チョウトンボを見た日、ハグロトンボも見かけました。いよいよトンボの季節がやってきた感じです。
  
 
金子
 
6月24日
土曜日 
 
江戸川放水路
 
クサフグ
 
江戸川放水路でトビハゼの観察会の手伝いをしました。生き物採集の時に小さなクサフグが捕れていました。どこで繁殖したのか不明ですが、穏やかな江戸川放水路は育つのによい場所です。
  
 
金子
 
6月24日
土曜日 
 
江戸川放水路
 
クシテガニ
 
江戸川放水路で捕れたいろいろなカニの中にクシテガニが入っていました。赤いハサミがきれいでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る