自然観察週報

 2017年 7月 2日から 7月 8日


〇気象のようす

 

台風が近づいてきた影響か、暑い空気が流れ込んで蒸し暑い日がありました。
台風そのものは市川市域への影響はほとんどなく、その後酷暑の毎日になりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月 2日
日曜日 
 
長田谷津
 
タヌキ
 
広い面積の草刈りが終わった場所にタヌキが姿を現しました。大きな草は刈られているので、タヌキの姿は遠くからでも丸見えでした。さすがにおかしいと思ったのか、斜面林の方へ走っていきました。
  
 
金子
 
7月 5日
水曜日 
 
長田谷津
 
オオヤマトンボ
 
三角池の水面をぐるぐるまわるように飛ぶ大型のトンボがいました。形や行動からオオヤマトンボと思っていたら、カメラマンの方が、後日撮影して確認してくださいました。このあと、バラ園下の池でもぐるぐる飛んでいました。
  
 
金子
 
7月 6日
木曜日 
 
長田谷津
 
チョウトンボ
 
湿地にぽつんと生える小さなハンノキの上を、チョウトンボが4匹、ひらひらと長い時間、飛んでいました。時々、ハンノキのこずえに止まりました。
  
 
金子
 
7月 6日
木曜日 
 
動物園内
 
ヤマユリ
 
動物園内の非公開エリアにあるヤマユリが咲き出しました。例年より早い印象です。順次、公園内のヤマユリも咲いて、楽しんでもらえると思います。
  
 
金子
 
7月 7日
金曜日 
 
動物園内
 
オオバノトンボソウ
 
今年は、もみじ山入口のオオバノトンボソウの群生地は草刈りされてしまい残念でしたが、動物園内の雑木林の片隅で、花序を長く伸ばして咲いてる立派な株に出会いました。
  
 
金子
 
7月 8日
土曜日 
 
江戸川放水路
 
アイアシ
 
江戸川放水路の干潟では、アシ原の縁にあるアイアシが花を咲かせていました。海辺のありふれた野草のはずですが、いまでは見られる場所も限られてしまいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る