自然観察週報

 2017年 7月16日から 7月22日


〇気象のようす

 

やっと雨がふり、周辺では豪雨やひょうになった場所もありました。
関東は大雨になっていませんが、列島各地で豪雨となりまし。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
7月19日
水曜日 
 
市川大野駅
 
クマゼミ
 
JR武蔵野線の市川大野駅のホームで、隣接する林から聞こえてくるクマゼミの声を確認しました。後日(21日)には、南大野の大柏川沿いの桜並木でも声を確認しました。
  
 
金子
 
7月21日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
トビハゼの巣穴調査をしました。去年よりも少なめでした。暑い日が続いたので繁殖が順調に進んで終盤になってしまったのか、暑すぎて泥の中から出てこないのか、そんな理由だと思います。
  
 
金子
 
7月22日
土曜日 
 
江戸川放水路
 
ショウリョウバッタ
 
江戸川放水路の堤防でバッタを探しました。雨が降っていないので堤防がカラカラで、草が枯れていました。バッタも見当たらず、部分的に草が元気な場所で捕まえました。
  
 
宮橋
 
7月22日
土曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
自然観察園の湧水の水路で、オニヤンマのオスが行き来したり、枝に止まって休んだりしていました。産卵しているメスも見られました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る