自然観察週報

 2017年 8月 6日から 8月12日


〇気象のようす

 

台風が西日本に上陸し、日本海へ抜けました。
市内への影響は小さかったものの、翌日は猛暑になりました。雨がちの週でした。

 

   
月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月 6日
日曜日 
 
長田谷津
 
アオヤンマ
 
園路のそばのシロダモの枝にアオヤンマが止まっていました。手を伸ばせば触れられる場所だったので、写真が撮りやすかったです。
  
 
金子
 
8月 6日
日曜日 
 
長田谷津
 
サシバ
 
斜面林の上空にサシバが1羽、舞い上がりました。先月からずっといる個体でしょうか? サシバを追うように、ツミくらいの大きさのタカも姿を見せました。
  
 
金子
 
8月 6日
日曜日 
 
長田谷津
 
ウグイス
 
8月だというのに、まだウグイスがホーホケキョとさえずっていました。ミンミンゼミの声とセットで聞くのは妙な感じです。
  
 
金子
 
8月 9日
水曜日 
 
長田谷津
 
ヘイケボタル
 
夕立が降ったあと、少し涼しくなった夜、ちらほらと飛んでいました。数は多くはなく、最盛期を過ぎた感じでした。
  
 
金子
 
8月10日
木曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
8月も中旬にさしかかり、すでに産卵が始まっているのに、まだ羽化しているオニヤンマがいました。
  
 
金子
 
8月12日
土曜日 
 
長田谷津
 
ツチイナゴ
 
自然観察に使うエコアップ池は、7月中旬で学校の活動が終わり、しばらく放置してありました。おい茂ったイヌビエやサヤヌカグサの草むらには、ツチイナゴの幼虫がたくさん見られました。
  
 
金子
 
8月12日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハグロトンボ
 
澄んだ水が流れる中央水路で、3匹のハグロトンボのオスがからみあうように飛んでいました。ふだんはひらひら飛ぶのに、こういう時はかなりのスピードで飛びます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る