自然観察週報

 2017年10月22日から10月28日


〇気象のようす

 

気温の急上昇、急降下と週ごとに記録的なできごとがあり、この週は台風の直撃を受けました。
超大型で非常に強い台風21号が23日に静岡県御前崎市付近に上陸しました(超大型での上陸は1991年以来初めて)。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月24日
火曜日 
 
長田谷津
 
キセキレイ
 
長田谷津は、野鳥の声でにぎやかになってきました。バラ園下の池のほとりでキセキレイを見ました。
  
 
金子
 
10月25日
水曜日 
 
長田谷津
 
ケラ
 
小学生の体験学習で使うエコアップ池は、雨ばかりでぬかるんでいました。水際に並べた踏み板の下にケラが住んでいて、板をどけるとトンネルがありました。
  
 
金子
 
10月27日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
キアシシギ
 
よく晴れた日、江戸川放水路は水の濁り以外は何事もないように静かでした(数日前に可動堰が開いたのに)。杭の上にキアシシギが止まっていて、のんびりくつろいでいるように見えました。
  
 
金子
 
10月27日
金曜日 
 
江戸川放水路
 
フナ類
 
10月23日に行徳可動堰が開けられました。江戸川の水位を下げて町を守る一方、いつものように淡水魚が流下したようでした。この日は死んだハクレンやニゴイ、妙典樋管の入口で力なく群れるフナ類を見ましたが、30年前のような累々たる死骸はもう見ません。堰を閉めるタイミングを工夫してくれるので、かなりの数が自力で上流側へ戻ったようです。
  
 
金子
 
10月28日
土曜日 
 
じゅん菜池緑地
 
シンジュ
 
台風の後の強風で、どんぐりや葉っぱがたくさん落ちました。ジュンサイを育てている場所のそばの園路にはシンジュの実がたくさん落ちていました。拾って放り投げると、クルクルと横回転しながら落ちました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る