自然観察週報

 2001年2月18日〜2月24日 


〇気象のようす

  4月なみの暖かさという日がありました。暖かくなり、寒くなりのくりかえしです。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月22日
(木)
 
 
南八幡1丁目
 
 
キタテハ
 
 
日中の気温が17℃を越える暖かな陽気でした。成虫で越冬する蝶の仲間のキタテハが飛んでいました。
 


金 子
宮 橋
 

 
2月23日
(金)
 
 
自然観察園
 
 
ノウサギ
 
 
湿地の中に隠れていて、動くまで気がつきませんでした。自然観察園でこんなに近くで見られたのは初めてです。
 

 
金 子
 

 
2月23日
(金)
 
 
自然観察園
 
 
鳥のさえずり
 
 
ウグイスはまだ練習中というかんじです。ホオジロは2匹の雄が競うように、同時にさえずっていました。
 
 
宮 橋
 
 
2月24日
(土)
 
 
行徳界隈
 
 
野鳥の古巣
 
 
街路樹の古巣探しをしました。ヒヨドリ、キジバト、カワラヒワの巣がありました。公園では、ハンガーを使ったカラスの巣が、見つかりました。
 

 
金 子
宮 橋
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る