自然観察週報

 2001年3月18日〜3月24日 


〇気象のようす

  ひと雨ごとに春らしくなってきました。寒い日もありますが、全体にかなり暖かい感じになってきました。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
3月19日
(月)
 

 
自然観察園
 
 
ウグイス
 
 
あちこちで、さえずるようになりました。この時期は地鳴きとさえずりが両方聞かれます。
 

 
金 子
 

 
3月19日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
キタテハ
 
 
この日は暖かかったので、成虫越冬のチョウがよく飛んでいました。キタテハ、ルリタテハ、アカタテハ。
 
 
金 子
 
 
3月21日
(水)
 
 
柏井雑木林
 
 
ホソミオツネントンボ
 
 
成虫で越冬するトンボです。無事冬越しできた個体が、林の中をフワリフワリと飛んでいました。
 

 
金 子
宮 橋
 

 
3月21日
(水)
 
 
柏井雑木林
 
 
つくし
 
 
つくしは、羊歯植物のスギナの胞子をつける部分のことで、池のへりの土手に群生していました。
 

 
金 子
宮 橋
 

 
3月21日
(水)
 

 
自然博物館
 敷地内
 

 
ノジスミレ
 
 
道端に生えるスミレで、早くに咲きはじめます。雑木林の中のタチツボスミレなどはまだ葉だけです。
 

 
金 子
宮 橋
 

 
3月23日
(金)
 
 
自然観察園
 
 
アズマヒキガエル
 
 
園内の三角池で、昨夜から産卵が始まりました。色が白い、産みたての卵塊もありました。例年、産卵は雨の後ですが、今年は日曜日からの晴天続きの末の産卵でした。
 

 
宮 橋
小 川
 

 
3月23日
(金)
 
 
自然観察園
 
 
コブシ
 
 
日当たりの良い場所から咲き始めました。今年も花のつきは良いようです。花が咲きだすと、斜面林にコブシの木が多いことに驚きます。
 

 
宮 橋
小 川
 

 
3月23日
(金)
 
 
大町公園
 
 
ツバメ
 
 
初認です。大柏川沿いや他の地域ではいつ頃から見られているでしょうか。情報をお待ちしています。
 
 
宮 橋
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る