自然観察週報

 2001年5月20日〜5月26日


〇気象のようす

  雨がちの日が多く、例年どおり梅雨の気配が色濃くなってきました。          

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
5月22日
(火)
 

 
大町公園
自然観察園
 
 
ニホンアカガエル

 
今年の卵から生まれたおたまじゃくしがカエルになりました。小さなアカガエルが水辺の草の中からたくさん出てきました。ピョンピョン。  
 

 
金子
 

 
5月22日
(火)
 

 
大町公園
自然観察園
 
 
ホトケドジョウ
 
絶滅危惧種ホトケドジョウは、今年も無事繁殖しました。小さなホトケドジョウが、あみでたくさんすくえました。 
    
 
金子
 

 
5月25日
(金)
 

 
行徳鳥獣保護区
 
 
アンモンイトトンボ
 

 
保護区の水辺をすいすい飛んでいました。雄と同じ体色をした同色型の雌が見られました。ほかには、ギンヤンマ、シオカラトンボ、オオアオイトトンボ、アジアイトトンボが見られました。  
            

 
金子
 

 
5月25日
(金)
 

 
行徳鳥獣保護区
 
 
トビハゼ
 
 
泥の干潟に、出てきていました。この日は暑かったので、活発に行動していました。  
                  
 
金子
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る