自然観察週報

 2001年6月3日〜6月9日 


〇気象のようす

  今週、梅雨入りしました。自然界にとっての貴重な雨期のはじまりです。        

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
6月4日
(月)
 

 
大町公園自然観察園
 
ホトトギス 

 
夏を思わせる暑さの日、斜面林の奥から特徴のある大きな声が聞こえてきました。
 

 
金 子
 
 
クロイトトンボ 

 
雄が青、雌が緑を帯びた美しい色のイトトンボです。三角池や水生植物池の水辺を雌雄がつながって飛ぶ姿が見られます。
 

 
金 子
 

 
6月6日
(水)
 

 
大町公園自然観察園
 
カノコガ 
 

 
翅がその名の通り鹿子(かのこ)模様になっています。昼間だけ活動する蛾で、カサスゲに止まっていました。
 

 
清 野
 

 
6月7日
(木)
 

 
市川北高校付近
 
アオモンイトトンボ 
 

 
田植えが済んだ田んぼを、青と緑の体色のイトトンボがスィースィーと飛んでいました。アジアイトトンボも見られました。
 

 
小 川
金 子
 
 
大野調整池
 
オオヨシキリ 
 
 
フェンスで囲まれた調整池の中のアシ原は、オオヨシキリの絶好の繁殖場所です。あちこちでギョギョシ、ギョギョシと鳴いていました。
 
 
小 川
金 子
 

 
6月8日
(金)
 

 
大町公園自然観察園
 
ミドリシジミ 
 
 
今年初めて成虫が見られました。夕方になると、食草であるハンノキの回りをものすごい速さで飛び回る姿が見られます。
 
 
阿 部
 
 
6月9日
(土)
 
 
柏井雑木林
 
ゴマダラチョウ 
 
 
樹液の出ているコナラで、オオスズメバチやサトキマダラヒカゲといっしょに樹液を吸っていました。吸っていた個体は、1頭だけでした。
 
 
清 野
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る