自然観察週報

 2001年6月10日〜6月16日 


〇気象のようす

  すぐに梅雨の中休みになってしまいましたが、まあまあ順調に雨は降っています。   

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
6月10日
(日)
 

 
江戸川放水路
 
ボラ    
 

 
干潟の観察会では、たくさんのカニやヤドカリ、アナジャコ、貝類のほかに魚の幼魚も見られました。水路を群れ泳ぐ小魚の群れはほとんどがボラの子ですが、網ですくってみるとスズキの子もはいっていました。また、干潟の水たまりには無数のマハゼの子がいました。江戸川放水路のゆりかご機能は健在です。
 

 
 金 子 
 
6月16日
(土)
 
 
柏井雑木林
 
オオバノトンボソウ  
 
 
花の形がトンボの姿を連想させる植物です。梅雨時の湿って蚊が多い林の中で、いまにも咲きそうなつぼみが上がっていました。 
 
 
宮 橋
小 川
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る