自然観察週報

 2001年8月26日〜9月1日


〇気象のようす

  朝晩や日陰では涼しく感じられる日が、多くなりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
8月26日(日)
 

 
江戸川放水路
 
ハゼ
(釣りの人)
 

 
夏休み最後の日曜日ということもあって、江戸川放水路はハゼ釣りで賑わっていました。水辺には立ち釣りの人とボート釣りの人、水遊びの人が多数出ていて、河川敷は車とバーベキュー(もちろんハゼの天麩羅)を楽しむ人でいっぱいでした。秋の渡りのシギ・チドリにはちょっと受難の一日だったかもしれませんが、まあ、しょうがないですね。
 

 
金 子

 
8月27日(月)

 
大町公園
自然観察園
 
ツルマメ
 

 
ピンク色の小さな花を咲かせるツル草です。湿地の上は秋になると多くのツル草で覆われます。ほかには、スズメウリやノブドウ、クズ、カナムグラなどが目立ちます。
 

 
金 子

 
8月29日(水)

 
大町公園
自然観察園
 
クツワムシ
 

 
夜の自然観察園では、クツワムシがガチャガチャと鳴きはじめました。ウマオイやエンマコウロギ、アオマツムシなどの秋の鳴く虫たちも鳴いています。
 

 
小 川

 
9月1日(土)

 
大町公園
自然観察園
 
キイトトンボ
 

 
キイトトンボが、繁殖している水草プールから拡散して湿地に広がっていました。うまく湿地で増えてくれると、これまでの環境整備の努力も報われるというものです。
 

 
金 子


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る