自然観察週報

 2001年10月28日〜11月3日 


〇気象のようす

  寒くなってきました。 

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
10月29日(月)

 
大町公園
 自然観察園
 
ニホンアカガエル         

 
湿地を歩いていると、おなかがふくらんだ大きなアカガエルがピョンと跳ねました。あと3ヵ月ほどで産卵の時期を迎えます。 
      

 
金 子
 
アオジ 

 
先週から今週にかけて、数が一気に増えたようで、よく目につきます。湿地の草むらや実をつけたムクノキのまわりは、メジロやシジュウカラなどの小鳥の声でにぎやかです。
 

 
金 子

 
11月1日(木)

 
県立市川北高校裏周辺
 
ヒバカリ    

 
ヘビです。今年生まれと思われる小さなヒバカリが、道路の上を這っていました。おとなしくて可愛らしいヘビですが、つかむと、かなり生臭い匂いを放ちます。
 

 
金 子
小 川
 
うしろ谷津
(大野町2丁目) 
 
カンタン 

 
一面にクズが生えた草むらで、カンタンがルルルルル……と鳴いていました。
 

 
金 子
小 川

大野町4丁目の田んぼ 
 
ヤナギタデ  

 
田んぼで赤く色づいていました。葉を噛むと強烈な苦みがあるので、すぐわかります。   
 

 
金 子
小 川

 
11月3日(土)

 
大町公園
 自然観察園
 
ツタ  

 
いわゆるナツヅタです。真っ赤に色づいていましたが、まだ木々の葉が緑なので、葉の隙間から垣間見る紅葉です。  
 

 
金 子
宮 橋


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る