自然観察週報

 2001年11月18日〜11月24日 


〇気象のようす

  小春日が続きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月18日(日)
 
大野町2丁目
 
アマチャヅル
 
フェンスに巻きついたツルに、丸い実がいくつもついていました。そばにはヒヨドリジョウゴの真っ赤な実もありました。
  
 
金 子
 
11月18日(日)
 
うしろ谷津
 
ハラビロカマキリ
 
谷津の斜面林から、湿地に向かってブンと飛んできました。秋の陽に体が緑色に透けてきれいでした
  
 
金 子
 
11月19日(月)
 
大町公園せせらぎ園
 
イロハモミジ
 
だいぶ見頃になりました。株によって真っ赤だったり黄色だったり、まだ緑色だったりと、紅葉の色づき具合いは様々です。
  
 
金 子
 
11月19日(月)
 
大町公園自然観察園
 
マヒワ
 
群れが来ています。しきりにハンノキの若い実をついばんでいますが、今年は湿地にスズメの群れも入っていて、マヒワの群れとスズメの群れとで賑やかです。
  
 
金 子
 
11月24日 (土)
 
大町公園自然観察園
 
トラツグミ
 
ムクノキの枝で実を食べていましたが、すぐにヒヨドリの群に追い払われてしまいました。地上を歩き回って採餌するイメージが強いので、枝にとまる姿はちょっと意外でした。
  
 
宮 橋
 
11月24日 (土)
 
大町公園自然観察園
 
ハシブトガラス
 
天気の良い連休でたくさんのお客様が観察園を訪れて下さいました。その分ゴミの量も多くなり、回収が間に合わなくて溢れたコンビニ袋をカラスが我が物顔で散らかします (もちろん食物は空ですが)。 湿地の方にまで散ると回収が大変です。ゴミの持ち帰りにご協力下さい。
  
 
宮 橋


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る