自然観察週報

 2001年11月25日〜12月1日 


〇気象のようす

  暖かい晩秋の日々が続きます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月26日(月)
 
大町公園自然観察園
 
ガマ
 
ガマの穂がはじけて、綿毛が吹き出していました。ほとんど飛んでしまって芯だけになってしまった穂もありました。
  
 
金 子
 
11月29日(木)
 
稲越調節池 
 
ミコアイサ
 
調節池の水面に、メスもしくはエクリプスが2羽浮かんでいました。他にはオオバン、カワウ、コガモ、キンクロハジロなどが見られました。
  
 
小 川
 
11月29日(木)
 
堀之内貝塚公園
 
アカゲラ
 
わりと至近距離で見ることができました。地上スレスレの枯れ枝をつついていました
  
 
小 川
 
11月29日(木)
 
江戸川
 
オギ
 
河川敷のオギがきれいでした。銀色の綿毛をつけた穂が逆光の中で輝いていました。
  
 
小 川
 
11月30日(金)
 
国府台1丁目
 
マメヅタ
 
切り通しの壁に群生しているマメヅタを見に行きました。丸い葉っぱをもつツル性のシダ植物で、古い湿ったコンクリートの壁にびっしりと活着していました。また、この時はヘラ型の胞子葉も見られました。
  
 
金 子
 
12月1日(土)
 
大町公園水生植物池
 
マガモ
 
たくさんのカルガモに混じって、池にはマガモが飛来していました。前日にはハシビロガモ、週はじめの月曜日にはホシハジロと、移動途中のカモが色々と立ち寄っていきます。
    
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る