自然観察週報

 2002年1月6日〜1月12日 


〇気象のようす

  1月というのに移動性高気圧がやってきて、暖かい日がありました。いまのところ、やや暖冬気味かもしれません。 

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月7日(月)
 
長田谷津 
 
シロハラ
 
斜面裾の水路にたまっていた落ち葉をどかしたら、ちょうどいい水場ができました。シロハラがうれしそうに水浴びをし、そのまわりをキセキレイやルリビタキ、キジバトがうろうろしていました。  
 
 
金 子
 
1月9日(水)
 
国府台3丁目
 
クロマツ 
 
相変わらず、マツ枯れが止まりません。里見公園の江戸川べりの斜面林では、葉が赤茶けた枯れマツが目立ちます。林のマツは、市内ではもうほとんど残っていません。
 
 
金 子
 
1月11日(金)
 
柏井雑木林 
 
ウラギンシジミ
 
ヒイラギモクセイ生け垣の葉の裏に越冬していました。一度見つけても目を放すと何処にいるのかわからなくなるくらいに葉にそっくりです。
 
 
小 川

     ※ 本週より、大町公園自然観察園の呼称を、長田谷津とします。


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る