自然観察週報

 2002年1月27日〜2月2日 


〇気象のようす

  霜は降りますが、厳しい寒さとは相変わらず無縁です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月28日(月)
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
前日は、未明から激しい降雨がありました。長田谷津の湿地には、50個を越す卵塊が産みつけられていました。
 
 
金 子


 
オカヨシガモ
 
水生植物池では、10羽を越すオカヨシガモが越冬していて、繁殖期を前に互いを意識したような行動が見られました。追ったり追われたり……
 
 
金 子


 
2月1日(金)
 
長田谷津
 
ハンノキ
 
すでに満開です。微風にあおられて飛ぶ、黄色い花粉が見えます。5_ぐらいの楕円形をした小さな雌花が花粉で黄色くなっていました。
 
 
宮 橋

 
ニホンアカガエルの卵塊
 
12月にアカガエルの産卵用に草を取り除いた場所には、あまり卵塊が見られません。水深、流れの具合いなど?結構気難しいようです。
 
 
宮 橋

 
2月1日(金)
 
長田谷津
 
フキノトウ 
 
咲き出しました。やはり例年より早いようです。採ってしまう人がいるので、昨年試しに周りを紐で囲ってみたら採られずに済んだので、名札付けボランティアの方々と今年も紐を張りました。
 
 
金 子
宮 橋

     ※ 大町公園自然観察園の呼称を、長田谷津とします。


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る