自然観察週報

 2002年2月10日〜2月16日 


〇気象のようす

  晴れと雨が、周期的に変動するようになりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月10日(日)
 
柏井町1丁目
 
ニワトコ
 
細い谷津の斜面に生えていたニワトコは、すでに冬芽が割れて、新しい葉とつぼみが顔を出していました。やはり、季節の進行が早いです。
 
 
金 子


 
2月15日(金)
 
江戸川放水路
 
ノスリ
 
右岸の湾岸道路付近を、低くゆっくりと飛んでいました。ドバトの群れがわざわざ近く飛んでいたのは、威嚇だったのでしょうか?
 
 
金 子


 
長田谷津
 
コクワガタ  
 
朽木を割りました。蛹室で羽化したまま初夏を待つコクワガタのオスがいました。蛹室まで、幼虫の時につけたトンネルが続いていました。
 
 
金 子


 
2月16日(土)
 
柏井雑木林
 
オオイヌノフグリ
 
早い春らしく、すでに土手を青く染めていました。ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ハコベ、ナズナといった常連の野草も、同じく花をつけていました。
 
 
金 子


 
ジョウビタキ 
 
散策会の時に、オスのジョウビタキが姿を見せてくれました。畑のまわりで梅の枝にとまったり下に降りたりと、よく動いていました。
 
 
金 子


     ※ 大町公園自然観察園の呼称を、長田谷津とします。


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る