自然観察週報

 2002年3月3日〜3月9日 


〇気象のようす

  景色も気温も、すっかり冬になりました。いつもどおりの冬です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月3日(日)
 
長田谷津
 
春の七草 
 
旧暦の1月20日にあたるこの日、エコアップで作った田んぼの畦には、みずみずしいハハコグサの苗が多数見られました。ハハコグサは七草のゴギョウのことですが、ほかにセリやナズナ、ハコベ(ハコベラ)も至るところにあって、摘み草するには絶好でした。もちろん採集禁止なんですけど……。
   
 
金 子
 
3月7日(木)
 
動植物園
 
クロオオアリ
 
冬ごもりをしていた虫たちが顔を出すという啓蟄を迎えたからでしょうか。今年はじめて、地面の上を歩き回っている数頭のクロオオアリの姿を目撃しました。 
 
 
清 野

 
3月8日(金)
 
長田谷津
 
コブシ   
 
日当たりの良い場所から咲きだしました。ここ数日の暖かさで咲きだしたようです。イヌシデやヤナギ類の芽もほころんでいます。谷津はだいぶ春めいてきました。 
 
 
宮 橋
小 川


 
ミヤマホオジロ 
 
先週ぐらいからバードウォッチャーの間で噂になっていました。雄は黄色と黒の模様がはっきりしていてなかな立派です。カシラダカ20数羽の群れも珍しいのですが、その中に混じられると少々わかりづらいです
 

     ※ 大町公園自然観察園の呼称を、長田谷津とします。


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る