自然観察週報

 2002年3月17日〜3月23日 


〇気象のようす

  ソメイヨシノは、開花から1週間足らずで満開を迎えました。早い春が続いていますが、週末には不安定な大気状態となりヒョウが降りました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月17日(日)
 
旧江戸川
 
アユ
 
稚アユの遡上が、はじまっていました。引き潮に合わせて水門が開くと上流から勢いよく水が流れ、その流れの中を逆に上流へ向けて、泳ぎ上がっていくのです。
    
 
金 子
 
3月18日(月)
 
長田谷津
 
ヒガラ 
 
シジュウカラの群れに混じっていました。他にメジロやコゲラもいましたが、木々の芽吹きの中で見る群れは、冬とはまた違った趣がありました。ともかくにぎやかでした。
 
 
金 子

 

 
ヤナギ類
 
イヌコリヤナギ、タチヤナギ、シダレヤナギなどのヤナギ類がいっせいに花時を迎えています。地味な花ではありますが…… 
 
 
金 子
 
シュレーゲル
アオガエル
 
鳴きだしてしまいました。3月中に声が聞かれたことは、これまで一度もありませんでした。
 
 
金 子
 
3月22日(金)
 
長田谷津
 
ヤマザクラ
 
咲きだしました。コブシの花の白、コナラやイヌシデのうす緑に混じってピンク色がよく映えます。 
 
 
宮 橋

   ※ 大町公園自然観察園の呼称を、長田谷津とします。


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る