自然観察週報

 2002年3月31日〜4月6日 


〇気象のようす

  ほとんど暖房なしで過ごせるよになりました。半袖が気持ちいい日中もありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月1日(月)
 
長田谷津 
 
シオヤトンボ
 
湿地に春を告げるシオヤトンボの羽化を見ました。水際の、ごく低い場所で草につかまって、まだ白い体を乾かしていました。
    
 
阿 部
金 子
 
4月2日(火)
 
江戸川放水路 
 
イッカククモガニ
 
左岸河口部の干潟に行きました。潮がよく引いていて、水際に近い場所でイッカククモガニが、わりと見られました。これまで干潟上では見たことがなかったのでちょっと驚きました。繁殖期だからでしょうか?
    
 
金 子
宮 橋
 
マテガイ 
 
干潟を掘ると、小さなマテガイがいくつも見つかりました。でも、その他には二枚貝はほとんどいませんでした。
 
 
金 子
宮 橋

 
4月4日(木)
 
市内某所
 
イヌノフグリ
 
国の絶滅危惧種であるイヌノフグリが今年も花を咲かせました。でも、今年はあまり多くありません。 
 
 
金 子
宮 橋

 
4月5日(金)
 
長田谷津
 
ツマキチョウ
 
モンシロチョウかと思って見ていたら羽根のさきっぽが黄色いツマキチョウの雄が飛んでいました。 
 
 
小 川


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る