自然観察週報

 2002年4月14日〜4月20日 


〇気象のようす

  日曜日は初夏の陽気となり、火曜日には強い南風が吹きました。その後は曇りがちで、わりと周期的な春らしい天気の移り変わりです。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月14日(日)
 
堀之内貝塚公園 
 
ゴマギ
 
葉を揉むと、ゴマのような匂いがする木です。白い小さな花を咲かせていました。
    
 
金 子
 
4月15日(月)
 
長田谷津 
 
ヒバカリ 
 
暖かくなり、ヘビが動きはじめました。園路の上をヒバカリが這っていて、捕まえると頭を三角にして威嚇しました。
    
 
金 子
 
4月16日(火)
 
(市内某所)
 
キンラン 
 
一株に5個以上の花をつけた立派な株がたくさんありました。絶滅危惧種にリストアップされていますが、適度に草刈りの行われる明るい雑木林では健在のようです。
    
 
金 子
宮 橋
 
4月17日(水)
 
長田谷津
 
ミズキ
 
少しだけ花が咲きました。そして、その蜜を求めて、ハナアブ類が集まっていました。 
 
 
清 野

 
ベニシジミ
 
今年初めて目撃しました。この個体は、サナギから羽化したばかりの新鮮な個体でした。この日は、他に斜面林でクロアゲハの飛んでいる姿も見られました。 
 
 
清 野

 
4月20日(土)
 
江戸川放水路
 
ユリカモメ
 
夏羽になって、顔が黒くなった個体が目立つようになりました。順次、北の国へと飛び立っているのでしょう。 
 
 
金 子


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る