自然観察週報

 2002年5月5日〜5月11日 


〇気象のようす

  夏日の日があり、場所によっては真夏日でしたが、逆に一転して4月初旬の寒さの日もありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月5日(日)
 
大町 
 
アマガエル
 
林の方から声が聞こえてきました。季節は梅雨に向かっているのです。
    
 
金 子
 
長田谷津
 
ショウブ
 
菖蒲湯の日、湿地のショウブには花が咲いていました
    
 
金 子
 
5月8日(水)
 
大町公園
 
カブトムシ 
 
園内某所の腐葉土を探ってみると、カブトムシはまだ幼虫でした。この時は、土まゆは見えませんでした。
    
 
金 子
 
5月9日(木)
 
大野町4丁目
 
スイカズラ
 
台地縁の斜面に垂れ下がったスイカズラのつるに、たくさんの花がついていました。ひとつ取って吸ってみると、甘い蜜の味がしました。
    
 
金 子
 
5月11日(土)
 
市川北高校付近 
 
カワセミ 
 
代かき前の水を張った田んぼをカワセミが一直線に飛び抜けていきました。いまの時期、水辺があちこちにあって、よく姿を見かけます。
    
 
金 子


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る