自然観察週報

 2002年5月12日〜5月18日 


〇気象のようす

  例年より一週間ほど早く、大町公園のバラ園が満開になりました。5月に入って寒い日が多く、季節の進み具合いも落ち着いてきました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月12日(日)
 
大野町2丁目
 
カシワ  
 
カシワが植えられている場所があって、この日、観察会で通りかかったら、瑞々しくて柔らかそうな葉っぱが何枚も付いていました。 
  
  
 
金 子
 
5月13日(月)
 
長田谷津
 
フクロウ
 
巣箱は空になっていました。巣立ったヒナたちは見えませんでしたが、警戒する母親が、少し離れていました。あの感じからすると、まだ飛べないヒナが木の陰に隠れている感じです。しつこく探すことはせずに、その場を離れました。
    
 
金 子
 
5月15日(水)
 
大野町4丁目
 
ジャコウアゲハ 
 
駒形大神社の近くで咲いているツツジの花で吸蜜していました。吸蜜に訪れていたのはオスで、メスは目撃できませんでした。
    
 
清 野
 
5月16日(木)
 
江戸川放水路
 
シギ類 
 
遠かったので姿をちゃんと確認できませんでしたが、干潟にシギの声が響いていました。今年もちゃんと渡ってきました。
    
 
金 子
 
江戸川    (稲荷木) 
 
アブラナ科の花 
 
市内ではあまり見かけないアブラナ科の帰化植物が群生して咲いていました。種類はまだちゃんと調べていませんが、見応えのするきれいな花です。
    
 
金 子


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る