自然観察週報

 2002年6月2日〜6月8日 


〇気象のようす

  晴天と高温の日が続きました。  

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
6月2日(日)
 
長田谷津 
 
カルガモ
 
草取りをしたばかりの湿地で、大人のカルガモ2羽が餌をあさっていました。そろそろヒナを連れていてもいい頃ですが、今年はまだ姿が見えません。
    
 
金 子
 
ミドリシジミ
 
夕方、今年羽化したばかりの個体が食草であるハンノキの周辺をものすごいスピードで飛んでいました。今年は、成虫が出現した時期がいつもの年よりも少し早いようです。
    
 
清 野
 
6月5日(水)
 
うしろ谷津 
 
ミツバウツギ
 
市内では珍しいミツバウツギの木があって、変わった形の実をつけていました。
    
 
金 子
 
6月7日(金)
 
江戸川放水路 
 
ボラ 
 
湾岸道路の下の干潟に潮が満ちてくると、小さなボラの何百匹という群れが水際近くまで入り込んできました。真間川などにも上がっているようです。
    
 
金 子
 
6月8日(土)
 
長田谷津
 
カワセミ
 
親子連れを見ました。親鳥は小魚を叩いて弱らせてから、雛鳥に渡すとすぐに飛び立って行きました。雛鳥といっても親と同じ大きさです。
    
 
宮 橋


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る