自然観察週報

 2002年7月14日〜7月21日 


〇気象のようす

  20日に梅雨明けしました。台風通過後は、なかば梅雨明けに近い状態で、暑い日が続きました。 

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月14日(日)

 

 
長田谷津 
 
ヒグラシ
 
夕暮れ時、爽やかな声が林の方から聞こえてきました。日中にはニイニイゼミもさかんに鳴いていました。
  
  
 
金 子
 
7月15日(月)

 

 
柏井雑木林 
 
ナツアカネ  
 
至るところに、ナツアカネが止まっていました。ここ数日の暑さで一気に羽化したのでしょうか?
  
  
 
金 子
 
アケビ 
 
毎年、実をつけるツルに、今年も青いアケビの実がついていました。熟すのが楽しみです。 
  
  
 
金 子
 
江戸川放水路
 
ヤマトオサガニ 
 
トビハセ護岸の干潟の上に、例年と同様、一面のヤマトオサガニが見られました。まるでカニの国に来たみたいです。
  
  
 
金 子
 
7月16日(火)

 

 
動植物園 
 
ホシホウジャク
 
昼間活動する蛾で、駐車場の脇に植えてあるハナツクバネウツギの花の蜜を吸いに来ていました。
  
      
 
清 野
 
7月20日(土)

 

 
長田谷津 
 
ヤマユリ
 
やまゆりの里のヤマユリは、球根を植えて整備したものですが、わりと立派な花を咲かせます。ちょうど、7分咲きくらいでした。 
  
      
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る