自然観察週報

 2002年9月1日〜9月7日 


〇気象のようす

  涼しかったり、暑さがぶり返したりと、季節の境目を実感できる毎日です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
9月2日(月)

 

 
長田谷津 

 

 
サシバ
 
最近は8月半ば頃には姿を現していたサシバが、ようやく観察できました。この時は11羽で、入道雲が沸き立つ青い空を、日の光を浴びて白く光りながら、クルクルとまわっていました。 
  
  
 
金 子
 
モミ
 
長田谷津にはよく目立つモミが2本ありますが、ちょうど木の上の方に白っぽく見える球果をいくつもつけていました。 
  
  
 
金 子
 
9月5日(木)

 

 
妙典野球場付近
 
トノサマバッタ
 
幼稚園児たちと虫取りをしました。大きなトノサマバッタは少なかったですが、ショウリョウバッタやオンブバッタ、クルマバッタモドキ、コカマキリ、チョウセンカマキリ、ササキリ類、コオロギ類などが捕れました。
  
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る