自然観察週報

 2002年11月3日〜11月9日 


〇気象のようす

  朝、霜が降りる日がありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
11月3日(日)
 
長田谷津
 
ホソミオツネントンボ
 
成虫で越冬するイトトンボです。この日は暖かな日差しの中、斜面林の縁を飛んでいました。
  
 
金 子
 
11月5日(火)
 
長田谷津
 
ジョウビタキ 
 
ヨシの茎にとまって、ヒッヒッと大きな声で鳴いていました。アオジも増え、野鳥観察の楽しい季節になりました。
  
 
金 子
 
11月7日(木)
 
うしろ谷津
 
ツタ 
 
斜面林の木をはい上がったツタが色づきはじめていました。ツタの紅葉は真っ赤になるので、本当にきれいです。
  
 
金 子
 
11月9日(土)

 

 
市川北高裏

 

 
スズメノトウガラシ 
 
田んぼに生える代表的な野草のひとつです。すでに実になっていて、その実の形が名前のとおりトウガラシに似た印象を受けます。
  
 
金 子
 
大野町4丁目
 
ガガイモ
 
梨畑の間の道には、いろいろな野草が生えています。この日は、まだ若いガガイモの実を見つけました。オクラをでっかくしたような形で、切ってみると、なかにお行儀よく種が並んでいました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る