自然観察週報

 2003年1月26日〜2月1日 


〇気象のようす

  月曜日に、この時期としては珍しくまとまった雨が降りました。でも、季節の推移は順調です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月26日(日)
 
長田谷津
 
ノミノフスマ
 
長田谷津の畦を歩くと、ノミノフスマやハハコグサの芽出しが見られるようになりました。旧暦の七草のころには、ハハコグサはちょうどよくなりそうです。
  
 
金 子
 
1月30日(月)
 
長田谷津 
 
カブトムシ 
 
腐葉土の中を探って、冬の幼虫の状態を観察しました。小学校の授業でやったのですが、秋の頃よりは深い場所に、丸々太った幼虫が潜んでいました。
  
 
金 子
 
1月31日(金)
 
長田谷津 
 
マガモ
 
それまで1羽だけで寂しそうだったメスのところに、美しい羽のオスがやってきました。よかったですね。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る