自然観察週報

 2003年2月9日〜2月15日 


〇気象のようす

  暖かい雨が降り、冬型で寒くなりと、陽気が交互に変わっていきます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月9日(日)
 
長田谷津
 
ニホンアカガエル
 
未明に暖かい雨がたっぷり降りました。案の定、翌日はアカガエルの卵塊がいっぱい見つかりました。9日の晩にも何匹が出てきていて、鳴き声も聞かれました。上弦の半月の晩のできごとです。
  
 
金 子
 
2月12日(水)
 
じゅん菜池公園 
 
キタテハ 
 
湿地に池を造る作業で枯れ積もった草を刈ったら、越冬中のキタテハが見つかりました。ずっと見たいと思っていて、今回、初めて見つけました。これまでは乾いた場所の草を探していたのですが、湿地の、水がたまったような場所の草で見つけました。こういう所の方が好きなのでしょうか?
  
 
金 子
 
2月14日(金)
 
長田谷津 
 
ネコヤナギ   
 
ネコヤナギの固い冬芽が割れて、フカフカな毛におおわれた芽がでてきました。杉のツボミもほころんで今にも花粉が飛びだしそうです。
  
 
小 川


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る