自然観察週報

 2003年2月23日〜3月1日 


〇気象のようす

  ひと雨ごとに暖かくなっていきます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月23日(日)
 
長田谷津
 
ヒキガエル
 
紐状の卵塊が2塊見られました。周辺ではいくつか鳴き声も聞かれました。昨年よりも更に6日早く産卵行動が始まるようです。おととしよりは一ヵ月近く早いことになります。
  
 
宮 橋
 
2月23日(日)
 
長田谷津
 
サワガニ
 
斜面裾の水路の泥を掘り上げていると、小さなサワガニがたくさん見つかりました。越冬の邪魔をしてしまったようです。
  
 
宮 橋
 
2月26日(水)
 
長田谷津
 
キタテハ
 
暖かさに誘われて、長田谷津で越冬していた個体が湿地の上を飛んでいるのが見られました。越冬個体のためか翅は、少し傷んでいました。他には、ハナアブの仲間やナナホシテントウも盛んに活動しているのも見られました。 
  
 
清 野


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る