自然観察週報

 2003年3月16日〜3月22日 


〇気象のようす

  春らしい周期的な天候です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月16日(日))
 
坂川旧河口    土手 
 
オオイヌノフグリ
 
土手の群落が青い絨毯のようでとてもきれいでした。ホトケノザのピンク色、芽生えたばかりの緑との組み合わせも素敵でした。 
                 散策会参加者の方々と
  
 
宮 橋
 
3月16日(日)
 
里見公園下  斜面林
 
ウグイスカグラ
 
花が一輪だけ咲いていました。春早くに咲きだすピンク色の花が咲きだすと、そろそろ他の木々も動きだします。
  
 
宮 橋
 
3月19日(水)
 
自然博物館周辺 
 
ノジスミレ
 
コンクリートの階段の隙間から芽をだして紫色のきれいな花が咲いていました。
  
 
小 川
 
3月19日(水)
 
長田谷津
 
ルリタテハ
 
観賞植物園近くの園路に止まっている個体が見られました。先月目撃したキタテハと同じく越冬した個体のため、翅は少しボロボロでした。
  
 
清 野
 
3月19日(水)
 
長田谷津
 
スジグロシロチョウ
 
今年、羽化したばかりの個体がオオイヌノフグリの花で蜜を吸っていました。他に、ヨウシュミツバチやハナアブのなかまも集まっていました。
  
 
清 野
 
3月20日(木)
 
大柏川
 
ツバメ
イワツバメ
 
暖かな日差しの日、リハビリパーク下の大柏川をツバメ数羽とイワツバメ1羽が元気に飛んでいました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る