自然観察週報

 2003年4月6日〜4月12日 


〇気象のようす

  今年の春は、わりとよく雨が降ります

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月6日(日)
 
長田谷津
 
コブシ
 
ちょうど見頃になりました。満開の株、7分咲きの株、そして散り始めた株と場所によっていろいろです。
  
 
金 子
 
4月7日(月)
 
長田谷津
 
アケビ
 
なぜか湿地の中にアケビが生えていて(やや盛り上がった場所)、エンジ色の花を、いっぱいつけていました。日当たりがいいせいか花数が多くて見事です。
  
 
金 子
 
4月9日(水)
 
長田谷津
 
ツマキチョウ
 
春の今頃にだけ見られるチョウで、オスは、翅の先端が黄色です。見られたのはオスの個体で、メスはまだ見られませんでした。
  
 
清 野
 
4月11日(金)
 
大柏川
 
コチドリ
 
リハビリパーク近くの大柏川沿いでコチドリのよく響く声と姿を目撃しました。川面にはユスリカを求めて何匹ものツバメが行き来し、そのほかコガモやタヒバリ、ツグミなども見られました。
  
 
金 子
 
4月12日(土)
 
長田谷津
 
アオダイショウ
 
湿地の草取りをしていたら、1.5m ほどもあるアオダイショウがいました。太い体の、さらに一部がポッコリふくらんでいて、ご馳走を食べたばかりなのが、よくわかりました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る