自然観察週報

 2003年5月4日〜5月11日 


〇気象のようす

  晴れたり曇ったり、時々雨がぱらついたりと、変化に富んだ天気です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月4日(日)
 
長田谷津
 
ベニシジミ
 
噴水のある池のそばの斜面林で咲いていました。この場所はツリバナの幼木も多いところで、年々、見られる花が多くなっていくかもしれません。
  
 
金 子
 
5月6日(火)
 
じゅん菜池
 
ショウブ
 
公園の奥の自然環境ゾーンには、ショウブとキショウブが群生しています。花の見頃はもう少しという段階でしたが、ピンと立ったショウブの葉と先が垂れたキショウブの葉の取り合わせが目を引きました。
  
 
金 子
 
5月6日(火)
 
江戸川放水路
 
ヤマトオサガニ
 
潮の引いた干潟には、もうたくさんのカニが出ていて、新行徳橋の上からでも、ゴロゴロしているヤマトオサガニが、たくさん見られました。
  
 
金 子
 
5月10日(土)
 
長田谷津
 
オオカマキリの卵
 
中央水路のヨシが伸びてきたので、少し刈りはじめました。水路に沿ってまっすぐ刈っていくと、ひとつ、またひとつと、卵塊がついていました。かわいそうなので、そこだけ刈らずに残してあります。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る