自然観察週報

 2003年8月10日〜8月16日 


〇気象のようす

  台風一過の晴れは続かずに、秋雨前線が出現してしまいました。10月並みの気温と雨がちの日が続きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
8月10日(日)
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
いきもの観察会で、谷津を歩きました。いたるところにオニヤンマがいて、園路ではすれ違い、斜面裾の湧水の流れでは産卵もしていました。
  
 
金 子
 
8月11日(月)
 
行徳鳥獣保護区
 
トビハゼ
 
調査の関係で、小さな干潟に下りました。水際にはトビハゼがいて、水際の線に沿って並んでいました。今年生まれの個体は、見つかりませんでした。
  
 
金 子
 
8月15日(金)
 
大柏川  
 
大雨の影響 
 
まとまった雨が降りました。大柏川では、冨貴島小学校のあたりや北方の調節池では余裕がありましたが、リハビリ・パーク付近の多自然護岸は完全に水没し、鎌ヶ谷市との境では道路が一部冠水し、川の水面も路面ぎりぎりに達していました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る