自然観察週報

 2003年8月31日〜9月6日 


〇気象のようす

  秋雨前線が、天気図の上で長く延びるようになりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
8月31日(日)
 
坂川旧河口
 
フジバカマ
 
花時を前に里親のみなさんと草刈りと思ったら、ほぼ満開になっていました。オオブタクサなどを刈り、よく見えるようにしました。
  
 
金 子
 
8月31日(日)
 
坂川旧河口
 
サクラタデ
 
旧河口の、河川敷植生の保護地区では、美しいサクラタデが咲いていました。2年連続の開花です。
  
 
金 子
 
9月2日(火)
 
柏井雑木林  
 
オオスカシバ
 
青少年の森に植わっているアベリアの花の蜜を吸いにきていました。近くに、別の個体も訪れていました。
  
 
清 野
 
9月2日(火)
 
柏井雑木林  
 
カネタタキ
 
クワなど雑木林の樹木の枝にカネタタキの幼虫が止まっていました。
  
 
清 野
 
9月5日(金)
 
長田谷津 
 
ナツアカネ
 
頭から腹部まで真っ赤になっていました。アキアカネは、まだ見られませんでした。
  
 
小 川
 
9月6日(土)
 
長田谷津 
 
ホオジロ
 
斜面林で、巣立ちの家族と遭遇しました。まともに飛べない1羽が目の前に降りてきたと思ったら次は背中にぶつかり、あっという間に5羽程度のヒナに囲まれてしまいました。風切りも尾羽も生えそろっていません。親鳥はパニックでしたが、こちらも困ってしまいました。
  
 
金 子
 
9月6日(土)
 
長田谷津  
 
サシバ 
 
斜面林の奥からピックイーと声が聞こえた1時間後、5〜6羽が青空を旋回していました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る