自然観察週報

 2003年10月19日〜10月25日 


〇気象のようす

  秋の深まりは、順調です。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月19日(日)
 
長田谷津 
 
アブラゼミ
 
まだ鳴いています。昼頃気温が上がってきたら、聞こえてきました。 冷夏の年は、やはり秋遅くまで鳴くようです。
  
 
宮 橋
 
10月19日(日)
 
大町公園のバラ園
 
バラ
 
秋バラがきれいに咲きました。春ほどの豪華さはありませんが、爽やかな秋晴れのもと、よく香りました。
  
 
金 子
 
10月23日(木)
 
長田谷津
 
ノウタケ
 
スギの植林地に、いくつも生えていました。一緒に歩いていた小学生たちも、その不思議な姿に興味津々でした。
  
 
金 子
 
10月25日(土)
 
江戸川放水路
 
アキノノゲシシ
 
トビハゼ護岸の高水敷側は草刈りをせず、植生をそのまま残してあります。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウなどが穂を出し、花を咲かせていました。また、ツルマメの実や、アキノノゲシの花もありました。アキノノゲシの若い実を割ると、中には綿毛のあるタネが、行儀よく並んでいました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る