自然観察週報

 2004年1月18日〜1月24日 


〇気象のようす

  21日が二十四節気の大寒にあたり、実際に寒くて冷え込んだ日々でした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月18日(日)
 
柏井雑木林 
 
アカゲラ 
 
冬の雑木林の散策会で、朽木にはクワガタやカミキリムシの幼虫が住んでいて、それを食べにキツツキも来るんですという話をしていたら、進んでいった先で幹を叩くアカゲラに遭遇しました。双眼鏡を持っていた参加者の方は、きれいな羽の色までばっちり堪能できました。 
  
 
宮 橋
 
1月21日(水)
 
長田谷津 
 
ウソ
 
もみじ山で調査をしていたら、モミジの種を食べにきたウソ3羽と出会いました。きれいでした。ひとしきり見ていたら急に飛び立ったので何かと思ったら、ハシブトガラスに追われてオオタカが飛び込んできました。びっくりしました。
  
 
金 子


 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る